故・劉暁波氏の妻、ドイツ到着 軟禁状態を解かれ

07/11 16:29
中国の民主活動家で、ノーベル平和賞を受賞し、2017年7月に死去した劉暁波氏の妻・劉霞さんが、中国当局による軟禁状態を解かれ、10日、ドイツに到着した。

劉霞さんは、フィンランドのヘルシンキを経由し、10日、ベルリンの空港に到着した。

劉霞さんは、ノーベル平和賞を受賞し、2017年7月に事実上、獄中死した劉暁波氏の妻で、中国当局により長期間の軟禁状態に置かれていたことから、精神的に不安定となり、ヨーロッパ諸国などが解放を求めていた。

中国外務省は、「本人の意思により、病気の治療でドイツに赴いた」としているが、劉霞さんの解放は、ドイツを訪問している李克強首相とメルケル首相の会談に合わせたようなタイミングだった。

習近平政権としては、貿易問題でアメリカとの対立が続く中、ドイツなどヨーロッパ諸国との経済協力を強化する思惑があるとみられる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング