iPhone「独禁法違反の可能性」 公取委が指摘

07/11 18:24
公正取引委員会が、iPhoneの契約が独占禁止法違反にあたる可能性を指摘。

公正取引委員会によると、指摘を受けたのは、アメリカのアップルとアップルジャパンがiPhoneの販売において、NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクの3社と結んでいる、仕入れ価格から一定の金額を値引くように求める契約。

すでにアップルジャパンは、さまざまな料金プランを提供できるように、引き続き携帯3社と話し合う姿勢を示していて、利用料金が下がる可能性もある。

今回の指摘について、アップルジャパンは、「お客様のニーズに応じた最適なオプションを提供できるようにしたい」とコメントしている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング