死者178人 安否不明62人に 西日本豪雨 新たな避難指示も

07/12 06:23
甚大な被害をもたらした西日本豪雨による死者は178人、安否不明者は62人となった。
また11日は、広島県内で、ため池の決壊のおそれが出たため、東広島市などで緊急の避難指示が出された。

11日午後2時27分、東広島市八本松町のため池が決壊するおそれがあることから、避難指示が発令された。

さらに、東広島市河内町のため池「正反田池」でも決壊のおそれがあるとして、避難指示が出されたが、この避難指示は夕方解除された。

一方、福山市でも3カ所で、ため池が一部決壊したり、決壊のおそれがあるとして、避難指示が出され、うち2カ所は今も避難指示が発令されている。

呉市安浦町の市原地区では、土石流が砂防ダムを破壊し、大きな被害が出ている。

この地区には、25世帯およそ50人が暮らしていたが、集落の半分以上が流され、少なくとも3人の行方がわからなくなっていて、警察と消防、自衛隊およそ100人態勢で捜索が行われた。

また、熊野町の川角地区では11日夜、新たに男性とみられる1人の遺体が発見され、遺族とみられる男性たちが見守る中、遺体が搬送された。

今回の豪雨による死者は、FNNのまとめで、広島県で75人、岡山県で57人など12府県で178人となり、安否不明者は広島県で38人、岡山県で18人など、あわせて62人にのぼっている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング