自転車乗りスマホ...衝突で死亡 被害者遺族「厳重処罰を」

07/12 12:46
スマートフォンを操作しながら電動自転車に乗り、衝突した女性を死亡させた罪に問われている元女子大生が、初公判で起訴内容を認めた。

森野実空被告(20)は2017年12月、神奈川・川崎市麻生区で、左手でスマホを操作しながら電動自転車に乗り、前を歩いていた米澤晶子さん(当時77)に衝突して死亡させた、重過失致死の罪に問われている。

12日の初公判で、森野被告は起訴内容について、「間違いはありません」と述べ、認めた。

米澤さんの遺族も出席する中、検察側は「幸せな生活を送ってきた。本来やってはいけないことをした結果の事故。厳重に処罰してほしい」という、遺族のコメントを読み上げた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング