西部 邁さん自殺ほう助 TOKYO MX子会社社員、無罪主張

07/12 15:38
評論家の西部 邁(すすむ)さんの自殺を手伝った罪に問われている、TOKYO MXテレビの子会社社員の男が、初公判で起訴内容を否認した。

青山忠司被告(54)と、TOKYO MXテレビの子会社社員・窪田哲学(てつがく)被告(45)は2018年1月、東京・多摩川で溺死した西部 邁さんに重りを装着するなどした、自殺ほう助の罪に問われている。

初公判で青山被告は起訴内容を認めたが、窪田被告は「本人のご意志で動いたもので、働きかけはしていません」と無罪を主張した。

検察側は、「2人は事前に西部さんからベルトの装着など、自殺の手助けを提案されていた」と指摘、青山被告には懲役2年を求刑した。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング