シリアで爆発相次ぐ 反体制派狙ったか

01/08 21:38
シリアで、反体制派を狙ったとみられる爆発が相次いだ。
シリア人権監視団などによると、内戦が続くシリアの北西部・イドリブで7日、自動車爆弾によるものとみられる複数の爆発があり、少なくとも30人が死亡、70人以上がけがをした。
今のところ犯行声明は出ていないが、爆発は、反体制派組織が拠点としている建物を狙ったものとみられている。
イドリブ周辺は、複数の反体制派組織や、国際テロ組織アルカイダ系の武装組織が支配していて、アサド政権軍による空爆など、戦闘が多発している。