逮捕のファン、数千のアドレス使い分け

01/11 13:07
人気声優の竹達彩奈さんに脅迫メールを送った疑いで逮捕されたファンの男が、数千件のメールアドレスを使い分けていたとみられることがわかった。
竹達さんのファンクラブの元リーダー・横山英彦容疑者(32)は、2017年7月、声優の竹達彩奈さん宛てに脅迫メールを送った疑いが持たれている。
関係者によると、2014年以降、同様の脅迫メールが20万通以上、関係先に送られていて、送信元のメールアドレスは数千件に分けられていた。
竹達さんは「たぶん、全部数えると、何十万通っていうメールを送っていたと思います」と話した。
警視庁は、横山容疑者がメールアドレスを使い分け、大量の脅迫メールを送っていたとみて調べている。