電車に乗れずに...大行列 帰宅ラッシュにも影響

06/18 18:50
18日7時58分に大阪府で発生した、震度6弱の地震。

消防庁の発表によると、この地震により亡くなった人は、午後5時現在で3人。
けが人は307人にのぼる。

高槻市では、崩れてきた外壁に挟まれ、9歳の女の子が死亡した。

住宅の壁が崩れ、80歳の男性が死亡。

さらに、茨木市でも85歳の男性が自宅の本棚の下敷きになり死亡している。

このほか、吹田市などで水道管が破裂する被害が相次いでいる。

午後6時ごろの大阪市新淀川大橋では、電車に乗れない人たちが橋の上で列を作って歩いている様子が確認できた。

一部の人は、車道にはみ出しているほか、橋に上る階段には行列ができていて、帰宅の足にも影響が出ている。

近畿地方のJRの在来線は、奈良線などの4つの線で終日運休が決まっているが、そのほかの路線では、午後7時以降をめどに運転を再開する予定だという。

一方、東海道新幹線は、米原駅と新大阪駅の間で運転を見合わせていたが、午後0時50分に全線で運転を再開した。

山陽新幹線は、新大阪駅と岡山駅間で運転を見合わせていたが、こちらも午後3時前までに運転を再開している。

この地震により、各地で水道管が破裂するなどし、高槻市では、修理のため大規模な断水を予定していて、およそ13万8,000人に影響が出る見込み。

また、大阪ガスによると、茨木市や高槻市の一部など、あわせて11万戸で都市ガスの供給が停止している。

みんなの意見を見る