記者殺害「サウジ最高レベルの指令」 トルコ大統領

11/03 12:30
サウジアラビア人記者が殺害された事件で、トルコのエルドアン大統領は、殺害はサウジアラビア政府の最高レベルからの命令だったと指摘した。

エルドアン大統領は2日、アメリカのワシントン・ポストに寄稿し、カショギ氏殺害は「サウジ政府最高レベルからの指令だった」と指摘したうえで、「カショギ氏殺害の黒幕を明らかにしなければならない」と強調した。

エルドアン大統領はまた、「サルマン国王の命令とは全く思わない」としていて、ムハンマド皇太子が殺害に関与したとの考えを示唆したとみられている。

ワシントン・ポストはまた、「トルコ当局が、カショギ氏の遺体が酸で溶かされて処分されたとみて捜査している」と報じている。