FNNビデオPost GALLERY

2016年1月29日 更新

神奈川・藤沢市の空にかかった逆さの虹?

ギャラリーへの掲載日: 2016年1月29日 (金)

1月27日午後3時ごろ、神奈川・藤沢市在住の白井将美さんが撮影。
たまたま、空を見ていたところ、南西の空に「彩雲とみられる光(実際には『幻日(げんじつ)』」を発見。
奥さんとともに、ベランダへ出てiPhoneの「タイムラプス」機能を使い撮影していると、南側に珍しい虹を発見。
通常とは違い、逆さに出ていたその虹に驚き、夢中で撮影。
奥さんも興奮して、何枚も写真を撮っていました。
この映像を親戚に見せたところ、「よく見つけたね」と感激していたそうです。
光は、発見後20~30分ほど出ていたそうですが、不思議な虹は5分ほどで消えてしまったそうです。

【編】
この映像の、太陽から向かって右側に見える光は「彩雲」ではなく、「幻日」と呼ばれる現象で、太陽の周りを薄い氷の粒でできた雲が囲んだ時に、光となって見えるものです。
映像後半にで出てくる、太陽を囲む「暈(かさ)」の上に半円状に出ている虹は、「環天頂アーク」と呼ばれる現象です。
どちらも、気象条件が重ならなければ見ることができない、珍しい現象です。

投稿者 Original Data

投稿者名:白井将美 さん
オリジナルタイトル:環天頂アークと彩雲(富士山上空)が同時に発生
オリジナルコメント:
1/27の15時頃に藤沢市の自宅からベランダからiPhoneで撮影。
富士山の上に彩雲が見えると思い南西を撮影していたら、別の方角(真南?)に逆さ虹を発見!
めすらしい虹だと思い調べてみたら、環天頂アークというそうです。
受付日:2016年1月27日 (水)
受付局:フジテレビ

スマートフォンアプリで投稿

FNNビデオPost

FNNビデオPostに投稿できる専用のスマートフォンアプリをご用意しました。
下のQRコードを読み取ってアクセスするとアプリのインストール画面にジャンプします。 またAppStore、GooglePlayそれぞれのアプリストアで「FNN ビデオPost」というキーワードで検索してもダウンロードすることができます。