FNN世論調査

政治に関するFNN世論調査

※「政治に関するFNN世論調査」は、2013年5月25日(土)~5月26日(日)に、全国から無作為抽出された満20歳以上の1,000人を対象に、電話による対話形式で行った。

(%)

Q1. あなたは、安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。
支持する [今回]

65.6

[増減]

-1.9

[前回]

67.5

支持しない [今回]

18.2

[増減]

+0.6

[前回]

17.6

わからない・どちらともいえない [今回]

16.2

[増減]

+1.3

[前回]

14.9

※前回調査は2013年4月20日~4月21日に実施

(%)

Q2. あなたは、どの政党を最も支持していますか。次の中から1つだけお知らせください。
自民党 [今回]

41.8

[増減]

-0.1

[前回]

41.9

民主党 [今回]

6.8

[増減]

-0.2

[前回]

7.0

日本維新の会 [今回]

6.1

[増減]

-1.2

[前回]

7.3

公明党 [今回]

4.5

[増減]

+1.2

[前回]

3.3

みんなの党 [今回]

4.5

[増減]

+0.3

[前回]

4.2

生活の党 [今回]

1.4

[増減]

+0.7

[前回]

0.7

共産党 [今回]

2.0

[増減]

+0.3

[前回]

1.7

社民党 [今回]

1.2

[増減]

+0.3

[前回]

0.9

みどりの風 [今回]

0.2

[増減]

+0.2

[前回]

0

新党改革 [今回]

0.1

[増減]

+0.1

[前回]

0

その他の政党 [今回]

1.3

[増減]

+0.4

[前回]

0.9

支持する政党はない [今回]

29.3

[増減]

-1.6

[前回]

30.9

わからない・言えない [今回]

0.8

[増減]

-0.4

[前回]

1.2

※前回調査は2013年4月20日~4月21日に実施

(%)

Q3. 安倍政権について、次に挙げるものをあなたは評価しますか、しませんか。それぞれについてお知らせください。
A) 首相の人柄
評価する 71.8
評価しない 19.1
わからない・どちらともいえない 9.1
B) 首相の指導力
評価する 67.5
評価しない 20.4
わからない・どちらともいえない 12.1
C) 景気・経済対策
評価する 57.2
評価しない 27.7
わからない・どちらともいえない 15.1
D) 外交・安全保障政策
評価する 46.8
評価しない 34.3
わからない・どちらともいえない 18.9

(%)

Q4. 経済政策に関する次に挙げるそれぞれの質問について、あなたのお考えに近いものをお知らせください。
A) 「アベノミクス」と呼ばれる経済政策に期待していますか、していませんか。
期待している 62.3
期待していない 33.0
わからない・どちらともいえない 4.7
B) あなたは景気回復を実感していますか、していませんか。
実感している 14.9
実感していない 80.3
わからない・どちらともいえない 4.8
C) 株価が乱高下している現在の状況について、あなたは「アベノミクス」と呼ばれる経済政策の先行きに不安を感じていますか。
感じている 55.7
感じていない 33.2
わからない・どちらともいえない 11.1
D) 今後、住宅ローン、社債などの金利が上昇する可能性について、あなたは不安を感じていますか。
感じている 62.0
感じていない 32.5
わからない・どちらともいえない 5.5
E) 安倍政権は「成長戦略」第2弾として、今後10年間での農業・農村の所得倍増、企業別の特区創設、外国人大学教員の増員などの政策を打ち出しましたが、あなたは、これらの政策を評価しますか、評価しませんか。
評価する 54.7
評価しない 29.8
わからない・どちらともいえない 15.5
F) 安倍政権は、原発の海外への輸出を推し進める政策をとっていますが、あなたはこれを支持しますか、しませんか。
支持する 31.4
支持しない 59.2
わからない・どちらともいえない 9.4

(%)

Q5. 現在、円安が進んでいますが、あなたは今の為替水準についてどのようにお考えですか。
現在の水準が適正だと思う 46.4
より円安に進むべきだと思う 18.6
円高に進むべきだと思う 16.3
わからない・言えない 18.7

(%)

Q6. 農業分野も含めて原則関税を撤廃し、アジア太平洋の国々との貿易を大幅に自由化する協定「TPP(環太平洋経済連携協定)」に日本が参加することに賛成ですか、反対ですか。
賛成 57.6
反対 30.3
わからない・どちらともいえない 12.1

(%)

Q7. 夏の参院選でのインターネットによる選挙運動が解禁されましたが、あなたは投票にあたって、ネットからの情報を参考にしますか、参考にしませんか。
参考にする 39.3
参考にしない 56.8
わからない・どちらともいえない 3.9

(%)

Q8. 1票の格差是正のための「0増5減」区割り見直し法案が、野党が多数を占める参議院で否決された場合、与党は、今国会で法案を成立させるために、衆議院で3分の2以上の賛成による再議決をしても構わないと思いますか、思いませんか。
思う 51.9
思わない 31.7
わからない・どちらともいえない 16.4

(%)

Q9. 北朝鮮問題に関する次のそれぞれの質問について、あなたのお考えをお知らせください。
A) 飯島 勲内閣官房参与が北朝鮮を訪問し、北朝鮮の要人らと会談しましたが、拉致問題解決に向けた安倍政権のこうした取り組みをあなたは支持しますか、支持しませんか。
支持する 80.2
支持しない 13.8
わからない・どちらともいえない 6.0
B) 飯島参与の北朝鮮訪問に関して、アメリカや韓国からは、連携への悪影響を懸念する声が出ていますが、拉致問題解決には、日本が独自に北朝鮮と接触することは必要だと思いますか、思いませんか。
思う 81.3
思わない 12.6
わからない・どちらともいえない 6.1

(%)

Q10. 日本維新の会の橋下 徹共同代表の発言に関する次のそれぞれの質問について、あなたのお考えをお知らせください。
A) 橋下共同代表による、いわゆる従軍慰安婦に関する発言について、党代表として適切だと思いますか。不適切だと思いますか。
適切だと思う 16.8
不適切だと思う 75.4
わからない・どちらともいえない 7.8
B) 橋下共同代表は、アメリカ軍に風俗業の活用を進言したと明らかにしましたが、こうした言動は、党代表として適切だと思いますか。不適切だと思いますか。
適切だと思う 12.2
不適切だと思う 80.7
わからない・どちらともいえない 7.1
C) 橋下共同代表の一連の発言を受け、みんなの党は、日本維新の会との参議院選挙での選挙協力の解消を決定しましたが、この判断について、妥当だと思いますか、思いませんか。
妥当だと思う 60.1
思わない 27.5
わからない・どちらともいえない 12.4

(%)

Q11. 橋下共同代表のいわゆる従軍慰安婦発言などで、日本維新の会に対するイメージは変わりましたか。
よくなった 3.1
変わらない 53.5
悪くなった 40.8
わからない・言えない 2.6

(%)

Q12. 参議院は、与党が過半数に満たない、いわゆる「ねじれ」状態です。ことし(2013年)夏の参議院選挙について、次に挙げる考え方のうち、あなたのお考えに最も近いものを1つだけ選び、お知らせください。
自民と公明両党で過半数を獲得するのがよい 56.7
自民と公明両党あわせても過半数に達しないほうがよい 34.9
わからない・言えない 8.4

(%)

Q13. あなたは、ことし(2013年)夏の参議院選挙の比例代表で、どの政党の候補者、あるいは、どの政党に投票しようと思いますか。次の中から1つだけ選んでお知らせください。
自民党 45.0
民主党 8.8
日本維新の会 6.4
公明党 6.0
みんなの党 5.0
生活の党 1.6
共産党 2.1
社民党 1.4
みどりの風 0.4
新党改革 0.2
その他の政党 6.2
わからない・言えない 16.9

(%)

Q14. 現在、公明党と連立を組む自民党は、参議院選挙後に、どの政党と政策実現のためのパートナーを組むのがよいと思いますか。あなたのお考えに最も近いものを次の中から1つだけ選んでお知らせください。
民主党 7.5
日本維新の会 10.7
公明党 20.5
みんなの党 5.3
その他の政党 2.8
どの政党とも連携すべきではない 41.5
わからない・言えない 11.7

(%)

Q15. 「憲法」に関する、次のそれぞれの質問について、あなたのお考えをお知らせください。
A) この夏の参議院選挙で、「憲法改正」は選挙の重要な争点になると思いますか、思いませんか。
思う 72.0
思わない 22.3
わからない・どちらともいえない 5.7
B) 参議院選挙の結果、参議院においても、憲法改正を目指す議員が、改正に必要な3分の2以上を占めることは望ましいと思いますか、思いませんか。
思う 54.6
思わない 32.8
わからない・どちらともいえない 12.6
C) 自民党などが訴える、憲法96条を改正し、憲法改正の発議要件を衆参両院で「3分の2以上」の賛成から、「過半数」の賛成に緩めることに賛成ですか、反対ですか。
賛成 32.3
反対 52.0
わからない・どちらともいえない 15.7
D) あなたは、憲法改正に賛成ですか、反対ですか。
賛成 56.3
反対 31.5
わからない・どちらともいえない 12.2

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム