FNN世論調査

政治に関するFNN世論調査

※「政治に関するFNN世論調査」は、2013年7月13日(土)~7月14日(日)に、全国から無作為抽出された満20歳以上の1,000人を対象に、電話による対話形式で行った。

(%)

Q1. あなたは、安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。
支持する [今回]

56.1

[増減]

-4.6

[前回]

60.7

支持しない [今回]

25.2

[増減]

+0.9

[前回]

24.3

わからない・どちらともいえない [今回]

18.7

[増減]

+3.7

[前回]

15.0

※前回調査は2013年6月22日~6月23日に実施

(%)

Q2. あなたは、どの政党を最も支持していますか。次の中から1つだけお知らせください。
自民党 [今回]

39.7

[増減]

+0.5

[前回]

39.2

民主党 [今回]

8.5

[増減]

+1.9

[前回]

6.6

日本維新の会 [今回]

5.8

[増減]

+0.6

[前回]

5.2

公明党 [今回]

4.7

[増減]

-0.8

[前回]

5.5

みんなの党 [今回]

4.2

[増減]

+0.4

[前回]

3.8

生活の党 [今回]

0.8

[増減]

+0.4

[前回]

0.4

共産党 [今回]

3.2

[増減]

+0.7

[前回]

2.5

社民党 [今回]

1.4

[増減]

+0.3

[前回]

1.1

みどりの風 [今回]

0.4

[増減]

+0.1

[前回]

0.3

新党改革 [今回]

0.1

[増減]

0

[前回]

0.1

その他の政党 [今回]

2.0

[増減]

+0.9

[前回]

1.1

支持する政党はない [今回]

27.6

[増減]

-5.6

[前回]

33.2

わからない・言えない [今回]

1.6

[増減]

+0.6

[前回]

1.0

※前回調査は2013年6月22日~6月23日に実施

(%)

Q3. 安倍政権について、次に挙げるものをあなたは評価しますか、しませんか。それぞれについて、お知らせください。
A) 首相の人柄
評価する 64.3
評価しない 21.0
わからない・どちらともいえない 14.7
B) 首相の指導力
評価する 59.0
評価しない 24.7
わからない・どちらともいえない 16.3
C) 景気・経済対策
評価する 47.3
評価しない 34.1
わからない・どちらともいえない 18.6
D) 外交・安全保障政策
評価する 40.3
評価しない 36.9
わからない・どちらともいえない 22.8

(%)

Q4. あなたは、今回の参議院選挙に関心がありますか、ありませんか。
関心がある 71.2
関心がない 24.6
わからない・どちらともいえない 4.2

(%)

Q5. 参議院選挙の投票に行きますか、行きませんか。次の中から1つだけお知らせください。
必ず行く 69.9
なるべく行く 21.7
たぶん行かない 5.2
行かない 2.6
わからない・どちらともいえない 0.6

(%)

Q6. 今回の参議院議員選挙で、ご自分の選挙区で投票する候補者を決定する際に、次のどの要素を最も重視しますか。次の中から、1つだけお知らせください。
候補者個人 30.9
政党の政策 46.3
政党の党首 5.7
候補者が、与党か野党か 10.2
わからない・どちらともいえない 6.9

(%)

Q7. 今回の参議院選挙での投票を判断するうえで、最も重視するテーマは何ですか。次の中から、1つお選びください。
外交・安全保障 6.9
景気・経済対策 36.1
医療・年金などの社会保障 22.7
子育て・教育問題 6.8
憲法改正 5.4
原発・エネルギー政策 7.6
TPP(環太平洋経済連携協定)交渉 2.6
消費税率引き上げ 3.8
地方分権 0.4
震災復興 3.2
その他 2.9
わからない・言えない 1.6

(%)

Q8. あなたは、今回の参議院選挙の選挙区で、どの政党の候補に投票しようと思いますか。次の中から、1つだけ選んでお知らせください。
自民党 45.1
民主党 10.0
日本維新の会 6.3
公明党 5.8
みんなの党 4.8
生活の党 0.7
共産党 4.2
社民党 0.7
みどりの風 0.6
その他の政党 6.6
わからない・言えない 15.2

(%)

Q9. あなたは、今回の参議院選挙の比例代表で、どの政党に投票しようと思いますか。次の中から、1つだけ選んでお知らせください。
自民党 41.9
民主党 9.2
日本維新の会 6.5
公明党 7.8
みんなの党 5.9
生活の党 0.9
共産党 4.8
社民党 1.7
みどりの風 0.5
その他の政党 6.5
わからない・言えない 14.3

(%)

Q10. 今回の参議院選挙で、次に挙げるそれぞれの政策について、どのような立場の候補者に投票したいと思いますか。あなたの考えに、より近い方を1つだけ選んでお知らせください。
A) 「アベノミクス」といわれる安倍政権の経済政策
推進の候補者 46.0
反対の候補者 11.2
考慮しない 36.7
わからない・言えない 6.1
B) 来年(2014年)4月からの消費税率8%への引き上げ
容認の候補者 29.0
反対の候補者 35.6
考慮しない 31.7
わからない・言えない 3.7
C) 原子力発電所
維持の候補者 11.3
再稼働は容認、以後順次廃止の候補者 45.0
即時廃止の候補者 23.7
考慮しない 16.0
わからない・言えない 4.0
D) 憲法改正
賛成の候補者 34.8
反対の候補者 26.6
考慮しない 32.9
わからない・言えない 5.7
E) 憲法改正の国会での発議要件を緩和する憲法96条の改正
賛成の候補者 26.3
反対の候補者 26.7
考慮しない 37.5
わからない・言えない 9.5
F) TPP(環太平洋経済連携協定)
推進の候補者 35.3
反対の候補者 21.7
考慮しない 35.2
わからない・言えない 7.8

(%)

Q11. 今回の参議院選挙に関して、各党の政権公約・マニフェストによる政策論争に期待しますか、しませんか。
期待する 40.3
期待しない 54.5
わからない・どちらともいえない 5.2

(%)

Q12. 参議院選挙後の政界再編に期待しますか、しませんか。
期待する 51.1
期待しない 43.8
わからない・どちらともいえない 5.1

(%)

Q13. 今回の参議院選挙で、インターネットによる選挙運動が解禁されましたが、あなたは、投票にあたって政党や候補者に関するネットからの情報を参考にしますか、参考にしませんか。
参考にする 31.0
参考にしない 65.1
わからない・どちらともいえない 3.9

(%)

Q14. あなたは、自分自身が「無党派」だと思いますか、思いませんか。
思う 50.1
思わない 45.9
わからない・どちらともいえない 4.0

(%)

Q15. 参議院は、与党が過半数に満たない、いわゆる「ねじれ」状態です。今回の参議院選挙について、次に挙げる考え方のうち、あなたのお考えに最も近いものを1つだけ選び、お知らせください。
自民と公明両党で過半数を獲得するのがよい 55.7
自民と公明両党あわせても過半数に達しないほうがよい 37.0
わからない・言えない 7.3

(%)

Q16. 現在、公明党と連立を組む自民党は、参議院選挙後に、どの政党と政策実現のためのパートナーを組むのがよいと思いますか。あなたのお考えに最も近いものを、次の中から1つだけ選んでお知らせください。
民主党 5.9
日本維新の会 14.2
公明党 20.0
みんなの党 6.9
その他の政党 3.6
どの政党とも連携すべきではない 37.2
わからない・言えない 12.2

(%)

Q17. 衆議院の「1票の格差」問題で、国会で格差是正のためのいわゆる「0増5減」の区割り法が成立しましたが、これを受けて、できるだけ早い時期に衆議院選挙をやり直すべきだと思いますか、思いませんか。
思う 42.1
思わない 47.3
わからない・どちらともいえない 10.6

(%)

Q18. 参議院選挙の結果、参議院においても、憲法改正を目指す議員が改正に必要な3分の2以上を占めることは望ましいと思いますか、思いませんか。
思う 45.0
思わない 39.9
わからない・どちらともいえない 15.1

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム