FNN世論調査

政治に関するFNN世論調査

※「政治に関するFNN世論調査」は、2013年7月27日(土)~7月28日(日)に、全国から無作為抽出された満20歳以上の1,000人を対象に、電話による対話形式で行った。

(%)

Q1. あなたは、安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。
支持する [今回]

57.8

[増減] 

+1.7

[前回]

56.1

支持しない [今回]

28.7

[増減] 

+3.5

[前回]

25.2

わからない・どちらともいえない [今回]

13.5

[増減] 

-5.2

[前回]

18.7

※前回調査は2013年7月13日~7月14日に実施

(%)

Q2. あなたは、どの政党を最も支持していますか。次の中から1つだけお知らせください。
自民党 [今回]

42.7

[増減] 

+3.0

[前回]

39.7

民主党 [今回]

5.4

[増減] 

-3.1

[前回]

8.5

日本維新の会 [今回]

8.0

[増減] 

+2.2

[前回]

5.8

公明党 [今回]

4.6

[増減] 

-0.1

[前回]

4.7

みんなの党 [今回]

4.3

[増減] 

+0.1

[前回]

4.2

共産党 [今回]

5.5

[増減] 

+2.3

[前回]

3.2

生活の党 [今回]

0.5

[増減] 

-0.3

[前回]

0.8

社民党 [今回]

0.9

[増減] 

-0.5

[前回]

1.4

みどりの風 [今回]

0.5

[増減] 

+0.1

[前回]

0.4

新党改革 [今回]

0.1

[増減] 

0

[前回]

0.1

新党大地 [今回]

0.3

[増減] 

+0.3

[前回]

-

その他の政党 [今回]

1.0

[増減] 

-1.0

[前回]

2.0

支持する政党はない [今回]

25.8

[増減] 

-1.8

[前回]

27.6

わからない・言えない [今回]

0.4

[増減] 

-1.2

[前回]

1.6

※前回調査は2013年7月13日~7月14日に実施

(%)

Q3. 安倍政権について、次に挙げるものをあなたは評価しますか、しませんか。それぞれについて、お知らせください。
A) 首相の人柄
評価する 68.7
評価しない 19.8
わからない・どちらともいえない 11.5
B) 首相の指導力
評価する 62.0
評価しない 24.1
わからない・どちらともいえない 13.9
C) 景気・経済対策
評価する 46.8
評価しない 36.3
わからない・どちらともいえない 16.9
D) 外交・安全保障政策
評価する 43.6
評価しない 36.0
わからない・どちらともいえない 20.4

(%)

Q4. あなたは、今回の参議院選挙で投票しましたか。
当日に投票した 65.0
期日前投票をした 20.0
投票しなかった 14.9
わからない・言えない 0.1

(%)

Q5. 今回の参院選の選挙区で、与党と野党のどちらの候補者に投票しましたか。
与党 56.9
野党 39.9
わからない・どちらともいえない 3.2

(%)

Q6. 今回の参院選の比例代表で、どの政党・候補者に投票しましたか。
自民党 41.8
民主党 11.8
日本維新の会 11.2
公明党 8.8
みんなの党 7.1
共産党 9.6
生活の党 1.1
社民党 1.6
みどりの風 0.7
新党大地 0.8
その他の政党 2.4
わからない・言えない 3.2

(%)

Q7. 投票するにあたり、最も重視したものは何ですか。次の中から、1つだけお知らせください。
景気・経済対策 32.0
医療・年金などの社会保障 17.1
外交・安全保障 4.2
憲法改正問題 8.8
消費税などの税制改革 5.6
政党の政策や党首 7.9
候補者個人の政策や人物像 9.2
原発政策 7.9
TPP(環太平洋経済連携協定)参加問題 2.8
わからない・言えない 4.5

(%)

Q8. 今回の参議院選挙の結果や争点について、次に挙げる意味づけや考え方について、あなたのお考えをお知らせください。
A) 今回の選挙結果に満足していますか、していませんか。
満足している 53.7
満足していない 39.7
わからない・どちらともいえない 6.6
B) 与党が過半数を超え、衆参両院で多数派が異なる「ねじれ状態」が解消したことはよかったと思いますか、思いませんか。
思う 68.2
思わない 24.9
わからない・どちらともいえない 6.9
C) 今後も「ねじれ状態」は避けるべきだと思いますか、思いませんか。
思う 66.1
思わない 22.9
わからない・どちらともいえない 11.0
D) 憲法改正に前向きな政党が、憲法改正を発議できる3分の2以上の議席を得ることが望ましかったと思いますか、思いませんか。
思う 49.9
思わない 36.1
わからない・どちらともいえない 14.0
E) 自民党との間で政権交代可能な野党の存在は必要だと思いますか、思いませんか。
思う 72.2
思わない 21.5
わからない・どちらともいえない 6.3
F) 民主党がいつか、また政権を担う政党に復活することを望みますか、望みませんか。
望む 24.6
望まない 67.3
わからない・どちらともいえない 8.1
G) 民主党の細野幹事長は、惨敗の責任を取って辞任しましたが、海江田代表も、責任を取って辞任すべきだと思いますか、思いませんか。
思う 40.0
思わない 44.9
わからない・どちらともいえない 15.1
H) 党の公認候補ではなく、無所属候補を支援した菅 直人元首相について、民主党は、除名処分にすべきだと思いますか、思いませんか。
思う 50.0
思わない 37.2
わからない・どちらともいえない 12.8
I) 日本維新の会が議席を伸ばせなかったのは、橋下共同代表の言動が影響したと思いますか、思いませんか。
思う 77.4
思わない 18.4
わからない・どちらともいえない 4.2
J) 今後、野党の再編が必要だと思いますか、思いませんか。
思う 77.7
思わない 13.4
わからない・どちらともいえない 8.9
K) インターネット選挙の解禁は、今回の選挙結果に影響があったと思いますか、思いませんか。
思う 36.0
思わない 49.4
わからない・どちらともいえない 14.6
L) 投票行動を決める際に、憲法改正に関する各党・各候補の考えを重視しましたか、しませんでしたか。
重視した 45.7
重視しなかった 46.6
わからない・どちらともいえない 7.7

(%)

Q9. 今回の参議院選挙で、自民党が大勝したのは、「自民党が評価されているから」と「野党に魅力がないから」のどちらが、より大きな理由だと思いますか。あなたのお考えに近い方をお知らせください。
自民党が評価されているから 19.4
野党に魅力がないから 76.7
わからない・言えない 3.9

(%)

Q10. 今回の参院選での投票行動にあたって、あなたが最も参考にした情報は何ですか。次の中からお考えに最も近いものを1つだけお知らせください。
候補者や政党の演説や配布物 12.9
候補者や政党がインターネット上で発信する情報 3.1
選挙公報や政見放送 9.2
新聞 24.0
テレビ 28.8
インターネット上の報道 3.8
インターネット上の第3者の情報や意見 2.1
周囲の人の意見 4.5
その他 10.2
わからない・言えない 1.4

(%)

Q11. 次の衆議院選挙では、与党と野党のどちらに勝たせたいですか。
自民党・公明党の与党 53.1
それ以外の野党 34.4
わからない・言えない 12.5

(%)

Q12. 安倍内閣に関する次に挙げるそれぞれの質問について、あなたのお考えに近いものをお知らせください。
A) 「アベノミクス」と呼ばれる経済政策に期待していますか、していませんか。
期待している 61.2
期待していない 34.7
わからない・どちらともいえない 4.1
B) あなたは、景気回復を実感していますか、していませんか。
実感している 13.5
実感していない 83.2
わからない・どちらともいえない 3.3
C) TPP(環太平洋経済連携協定)に参加することに賛成ですか、反対ですか。
賛成 51.1
反対 28.6
わからない・どちらともいえない 20.3
D) 消費税率は、予定通り来年(2014年)4月に8%へ引き上げるべきだと思いますか、思いませんか。
思う 39.5
思わない 55.8
わからない・どちらともいえない 4.7
E) 衆参両院で3分の2以上の賛成が必要な憲法改正の要件について、「過半数の賛成」に緩めることに賛成ですか、反対ですか。
賛成 32.7
反対 53.7
わからない・どちらともいえない 13.6
F) あなたは、憲法改正に賛成ですか、反対ですか。
賛成 52.2
反対 34.8
わからない・どちらともいえない 13.0

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム