FNN世論調査

政治に関するFNN世論調査

※「政治に関するFNN世論調査」は、2014年3月29日(土)〜3月30日(日)に、全国から無作為抽出された満20歳以上の1,000人を対象に、電話による対話形式で行った。

(%)

Q1. あなたは、安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。
支持する [今回]

53.5

[増減]

+0.6

[前回]

52.9

支持しない [今回]

27.2

[増減]

-4.7

[前回]

31.9

わからない・どちらともいえない [今回]

19.3

[増減]

+4.1

[前回]

15.2

※前回調査は2014年2月22日〜2月23日に実施

(%)

Q2. あなたは、どの政党を最も支持していますか。次の中から、1つだけお知らせください。
自民党 [今回]

39.3

[増減]

+1.4

[前回]

37.9

民主党 [今回]

6.3

[増減]

+0.9

[前回]

5.4

日本維新の会 [今回]

2.9

[増減]

-2.5

[前回]

5.4

公明党 [今回]

4.3

[増減]

-0.2

[前回]

4.5

みんなの党 [今回]

0.7

[増減]

-0.3

[前回]

1.0

共産党 [今回]

3.7

[増減]

-0.2

[前回]

3.9

結いの党
[今回]

0.5

[増減]

-0.4

[前回]

0.9

生活の党 [今回]

0.3

[増減]

-0.8

[前回]

1.1

社民党 [今回]

1.1

[増減]

0

[前回]

1.1

その他の政党 [今回]

1.7

[増減]

+0.9

[前回]

0.8

支持する政党はない [今回]

38.7

[増減]

+0.9

[前回]

37.8

わからない・言えない [今回]

0.5

[増減]

+0.1

[前回]

0.4

※前回調査は2014年2月22日〜2月23日に実施

(%)

Q3. 安倍政権について、次に挙げるものをあなたは評価しますか、しませんか。それぞれについて、お知らせください。
A) 首相の人柄
評価する 66.8
評価しない 21.4
わからない・どちらともいえない 11.8
B) 首相の指導力
評価する 59.8
評価しない 27.5
わからない・どちらともいえない 12.7
C) 景気・経済対策
評価する 42.3
評価しない 39.1
わからない・どちらともいえない 18.6
D) 社会保障政策
評価する 26.1
評価しない 52.5
わからない・どちらともいえない 21.4
E) 外交・安全保障政策
評価する 41.3
評価しない 41.3
わからない・どちらともいえない 17.4

(%)

Q4. あなたは今、景気回復を実感していますか、していませんか。
実感している 17.6
実感していない 77.4
わからない・どちらともいえない 5.0

(%)

Q5. 安倍政権の政策や方針などに関する次のそれぞれの質問について、あなたのお考えをお知らせください。
A) あなたは、大胆な金融緩和・財政出動・成長戦略を組み合わせる経済政策「アベノミクス」を評価しますか、しませんか。
評価する 49.6
評価しない 38.5
わからない・どちらともいえない 11.9
B) 日本が、これまで以上に世界の平和と安定に貢献する「積極的平和主義」を支持しますか、しませんか。
評価する 75.4
評価しない 18.0
わからない・どちらともいえない 6.6
C) 農業分野も含めて原則関税を撤廃し、アジア・太平洋の国々との貿易を大幅に自由化する協定「TPP(環太平洋経済連携協定)」に日本が参加することに賛成ですか、反対ですか。
評価する 47.9
評価しない 35.4
わからない・どちらともいえない 16.7
D) あなたは、憲法改正に賛成ですか、反対ですか。
評価する 38.8
評価しない 47.0
わからない・どちらともいえない 14.2

(%)

Q6. 消費税に関する次のそれぞれの質問についてお答えください。
A) 4月から、消費税率が現在の5%から8%に引き上げられます。経済に与える影響について、心配していますか、していませんか。
心配している 67.3
心配していない 29.8
わからない・どちらともいえない 2.9
B) 消費税率が上がる前に、駆け込みで物を買っていますか、買っていませんか。
買っている 30.7
買っていない 69.0
わからない・どちらともいえない 0.3
C) 4月以降、あなたの家計の支出を、今よりも減らそうと思いますか、思いませんか。
思う 45.2
思わない 49.9
わからない・どちらともいえない 4.9
D) 来年(2015年)10月に法律通り、消費税率を8%から10%に引き上げることに賛成ですか、反対ですか。
賛成 25.9
反対 66.7
わからない・どちらともいえない 7.4
E) 消費税率を8%から10%に引き上げる際に、食料品や生活必需品の税率を低く抑える軽減税率を導入すべきだと思いますか、思いませんか。
思う 84.0
思わない 10.5
わからない・どちらともいえない 5.5

(%)

Q7. 同盟関係にあるアメリカなどが武力攻撃を受けて、日本の安全も脅かされる際に、一緒に反撃する「集団的自衛権」を使えるようにすべきだと思いますか、思いませんか。
思う 42.4
思わない 41.5
わからない・どちらともいえない 16.1

(%)

Q8. (Q7で「思う」と回答した人のみ)集団的自衛権を使えるようにするための方法として、次に挙げるものの中から、あなたのお考えに最も近いものを1つだけお知らせください。
必ずしも憲法改正の必要はなく、憲法解釈を変更すればよい 21.0
憲法改正が望ましいが、当面、憲法解釈の変更で対応すればよい 48.8
憲法解釈の変更は認められず、必ず憲法の改正が必要だ 27.1
わからない・言えない 3.1

(%)

Q9. 日米韓3カ国首脳会談が開かれ、安倍首相と韓国の朴槿恵大統領が、就任後初めて会談しました。これをきっかけに、日本と韓国の関係改善が進むと思いますか、思いませんか。
思う 19.1
思わない 73.7
わからない・どちらともいえない 7.2

(%)

Q10. いわゆる「従軍慰安婦」問題をめぐり、慰安婦募集の強制性を認めたと受け取れる「河野官房長官談話」について、軍や官憲による強制連行を裏づける公的資料が見つかっていないほか、元慰安婦に対する調査のずさんさが指摘されています。これについて、次のそれぞれの質問について、あなたのお考えをお知らせください。
A) 「河野談話」作成の経緯を検証する政府の方針を支持しますか、しませんか。
支持する 50.7
支持しない 31.5
わからない・どちらともいえない 17.8
B) 検証で新たな事実が見つかれば、新しい談話を出すべきだと思いますか、思いませんか。
思う 69.8
思わない 18.9
わからない・どちらともいえない 11.3
C) 「河野談話を見直す考えはない」とする安倍首相の方針を評価しますか、しませんか。
評価する 36.0
評価しない 45.1
わからない・どちらともいえない 18.9
D) 国会は、元慰安婦に対する調査のあり方や談話が出された経緯を検証すべきだと思いますか、思いませんか。
思う 63.7
思わない 24.5
わからない・どちらともいえない 11.8

(%)

Q11. 安全性が確認された原子力発電所の運転を再開することに、あなたは賛成ですか、反対ですか。
賛成 38.4
反対 52.7
わからない・どちらともいえない 8.9

(%)

Q12. みんなの党の渡辺喜美(わたなべ・よしみ)代表は、大手化粧品会社の会長から、8億円の借り入れを認め、「政治資金や選挙のためではなく、個人的に使った」と説明しています。あなたは、渡辺氏の説明は納得できると思いますか、思いませんか。
思う 4.1
思わない 90.9
わからない・どちらともいえない 5.0

(%)

Q13. ロシアが、ウクライナのクリミア半島を併合しました。日本を含む主要7カ国は、ロシアに対し、G8の資格を停止するなどの制裁を決めました。ロシアに対する制裁について、あなたのお考えに近いものを次の中から1つだけお知らせください。
制裁を緩めるべきだ 15.6
今の制裁でよい 50.6
制裁をもっと強化すべきだ 24.0
わからない・言えない 9.8

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム