FNN世論調査

政治に関するFNN世論調査

※「政治に関するFNN世論調査」は、2014年11月22日(土)~11月23日(日)に、全国から無作為抽出された満20歳以上の1,000人を対象に、電話による対話形式で行った。

(%)

Q1. あなたは、安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。
支持する [今回]

48.9

[増減]

-4.1

[前回]

53.0

支持しない [今回]

40.9

[増減]

+3.0

[前回]

37.9

わからない・どちらともいえない [今回]

10.2

[増減]

-1.1

[前回]

9.1

※前回調査は10月18日~10月19日に実施

(%)

Q2. あなたは、どの政党を最も支持していますか。次の中から、1つだけお知らせください。
自民党 [今回]

38.1

[増減]

0.0

[前回]

38.1

民主党 [今回]

9.7

[増減]

+3.2

[前回]

6.5

維新の党 [今回]

5.5

[増減]

+1.1

[前回]

4.4

公明党 [今回]

3.2

[増減]

-1.6

[前回]

4.8

次世代の党 [今回]

0.3

[増減]

0.0

[前回]

0.3

みんなの党 [今回]

0.7

[増減]

-0.7

[前回]

1.4

共産党 [今回]

4.2

[増減]

+0.9

[前回]

3.3

生活の党 [今回]

0.4

[増減]

+0.2

[前回]

0.2

社民党 [今回]

0.8

[増減]

-0.1

[前回]

0.9

その他の政党 [今回]

1.1

[増減]

+0.1

[前回]

1.0

支持する政党はない [今回]

34.9

[増減]

-3.6

[前回]

38.5

わからない・言えない [今回]

1.1

[増減]

+0.5

[前回]

0.6

※前回調査は10月18日~10月19日に実施

(%)

Q3. 安倍政権について、次に挙げるものをあなたは評価しますか、しませんか。それぞれについて、お知らせください。
A) 首相の人柄
評価する 64.4
評価しない 28.5
わからない・どちらともいえない 7.1
B) 首相の指導力
評価する 55.9
評価しない 37.2
わからない・どちらともいえない 6.9
C) 景気・経済対策
評価する 34.1
評価しない 57.4
わからない・どちらともいえない 8.5
D) 社会保障政策
評価する 24.3
評価しない 65.3
わからない・どちらともいえない 10.4
E) 外交・安全保障政策
評価する 45.0
評価しない 45.9
わからない・どちらともいえない 9.1

(%)

Q4. 安倍首相が、衆議院を解散し、来月(2014年12月)、総選挙が実施されることになりました。あなたは、安倍首相が衆議院を解散したことは適切だと思いますか、思いませんか。
思う 22.8
思わない 72.2
わからない・どちらともいえない 5.0

(%)

Q5. 安倍首相は、来年(2015年)10月から予定されている消費税率の10%への引き上げを、2017年4月に1年半先送りする考えを表明しました。あなたは、安倍首相のこの判断を評価しますか、評価しませんか。
評価する 60.6
評価しない 34.7
わからない・どちらともいえない 4.7

(%)

Q6. 安倍首相は、2017年4月の消費税率10%への引き上げについて、「再び延期することはない」と断言しました。あなたは、2017年4月に消費税率を引き上げることに賛成ですか、反対ですか。
賛成 43.3
反対 50.0
わからない・どちらとも言えない 6.7

(%)

Q7. 安倍首相は、衆議院解散の理由について、消費税率引き上げの先送りを挙げ、「国民経済にとって重い決断をする以上、速やかに国民に信を問うべきだ」と説明しました。あなたは、安倍首相が示した解散の理由に納得できますか、納得できませんか。
納得できる 23.6
納得できない 71.7
わからない・どちらともいえない 4.7

(%)

Q8. あなたは、安倍政権のもとで、景気の回復を実感していますか、実感していませんか。
実感している 16.6
実感していない 79.7
わからない・どちらともいえない 3.7

(%)

Q9. あなたは、安倍政権の経済政策「アベノミクス」は成功していると思いますか、思いませんか。
思う 27.2
思わない 60.7
わからない・どちらともいえない 12.1

(%)

Q10. 自民・公明・民主の3党は、おととし(2012年)、衆議院議員の定数を削減することで合意しましたが、いまだに実現していません。あなたは、定数削減を先送りしたまま、衆議院選挙が行われることに納得できますか、納得できませんか。
納得できる 10.8
納得できない 83.5
わからない・どちらともいえない 5.7

(%)

Q11. あなたは、今回の衆議院選挙に関心がありますか、関心がありませんか。
関心がある 59.2
関心がない 38.5
わからない・どちらともいえない 2.3

(%)

Q12. あなたは、今回の衆議院選挙で投票に行きますか、行きませんか。次の中から、1つだけお知らせください。
必ず行く 59.3
なるべく行く 27.0
たぶん行かない 9.2
行かない 3.7
わからない・言えない 0.8

(%)

Q13. 今回の衆議院選挙の争点として、あなたが最も重視する政策課題は何ですか。次の中から、1つだけお知らせください。
外交・安全保障 6.8
景気・経済対策 33.1
医療・年金などの社会保障 25.5
子育て・教育問題 6.9
消費税率の引き上げ 2.9
財政再建 5.0
原発・エネルギー政策 6.4
政治とカネ 1.2
選挙制度改革 0.8
地方分権 0.8
震災復興 3.0
TPP(環太平洋経済連携協定)交渉 1.2
憲法改正 3.5
その他 1.6
わからない・言えない 1.3

(%)

Q14. 今回の衆議院選挙で、あなたは、比例区でどの政党に投票したいと思いますか。次の中から、1つだけお知らせください。
自民党 42.0
民主党 12.7
維新の会 7.6
公明党 4.8
次世代の党 0.8
みんなの党 0.9
共産党 5.4
生活の党 0.6
社民党 2.0
その他の政党 8.9
わからない・言えない 14.3

(%)

Q15. 今回の衆議院選挙で、あなたが選挙区で投票する際に、最も重視する要素は何ですか。次の中から、1つだけお知らせください。
候補者個人 29.6
政党の政策 49.7
政党の党首 4.9
候補者が与党か野党か 12.3
わからない・言えない 3.5

(%)

Q16. あなたは、今回の衆議院選挙の結果について、どのような形になるのが望ましいと思いますか。次の中から、1つだけお知らせください。
与党が野党を上回る形 38.0
与野党の勢力が伯仲する形 41.9
与党と野党が逆転する形 14.6
わからない・言えない 5.5

(%)

Q17. みんなの党が解党を決めるなど、衆議院選挙を前に野党の流動化が進んでいます。あなたは、野党再編に期待しますか、期待しませんか。
期待する 40.0
期待しない 56.4
わからない・どちらともいえない 3.6

(%)

Q18. 安倍首相と中国の習 近平国家主席が、北京で初めての首脳会談を行いました。あなたは、首脳会談をきっかけに、冷え込んだ日本と中国の関係が改善に向かうと思いますか、思いませんか。
思う 22.4
思わない 73.1
わからない・どちらともいえない 4.5

(%)

Q19. 沖縄県知事選挙で、アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設に反対する翁長 雄志(おなが・たけし)氏が、移設を容認する現職ら3人を破って初当選しました。政府は、移設計画をこれまで通り進める方針ですが、あなたは、普天間基地の辺野古への移設に賛成ですか、反対ですか。
賛成 42.4
反対 42.4
わからない・どちらともいえない 15.2

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム