FNN世論調査

政治に関するFNN世論調査

※「政治に関するFNN世論調査」は、2016年7月16日(土)~7月17日(日)に、全国から無作為抽出された満18歳以上の1,000人を対象に、電話による対話形式で行った。

(%)

Q1. あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。
支持する [今回]

49.8

[増減]

+0.4

[前回]

49.4

支持しない [今回]

39.1

[増減]

+1.0

[前回]

38.1

わからない・どちらともいえない [今回]

11.1

[増減]

-1.4

[前回]

12.5

※前回調査は6月18日~6月19日に実施

(%)

Q2. あなたは、どの政党を最も支持していますか。次の中から1つだけお知らせください。
自民党 [今回]

35.3

[増減]

-2.4

[前回]

37.7

民進党 [今回]

13.4

[増減]

+5.1

[前回]

8.3

公明党 [今回]

5.4

[増減]

+0.8

[前回]

4.6

共産党 [今回]

5.1

[増減]

-0.6

[前回]

5.7

おおさか維新の会 [今回]

6.9

[増減]

+2.6

[前回]

4.3

社民党 [今回]

0.9

[増減]

-0.4

[前回]

1.3

生活の党と山本太郎となかまたち [今回]

0.7

[増減]

-0.3

[前回]

1.0

日本のこころを大切にする党 [今回]

0.6

[増減]

+0.1

[前回]

0.5

その他の政党 [今回]

1.3

[増減]

+0.7

[前回]

0.6

支持する政党はない [今回]

29.7

[増減]

-5.5

[前回]

35.2

わからない・言えない [今回]

0.7

[増減]

0

[前回]

0.7

※前回調査は6月18日~6月19日に実施

(%)

Q3. 安倍政権について、次に挙げるものを、あなたは評価しますか、評価しませんか。それぞれについて、お知らせください。
A) 首相の人柄
評価する 62.8
評価しない 26.7
わからない・どちらともいえない 10.5
B) 首相の指導力
評価する 61.1
評価しない 28.5
わからない・どちらともいえない 10.4
C) 景気・経済対策
評価する 32.0
評価しない 56.2
わからない・どちらともいえない 11.8
D) 社会保障政策
評価する 25.0
評価しない 60.9
わからない・どちらともいえない 14.1
E) 外交・安全保障政策
評価する 44.1
評価しない 42.9
わからない・どちらともいえない 13.0

(%)

Q4. 今月(2016年7月)10日に投開票された参議院選挙に関する、次のそれぞれの質問について、あなたのお考えなどをお知らせください。
A) あなたは、投票に行きましたか、行きませんでしたか。
行った 84.7
行かなかった 15.2
わからない・どちらとも言えない 0.1
B) あなたは、今回の参議院選挙の結果について、満足していますか、していませんか。
満足 17.0
まあ満足 37.7
やや不満 22.3
不満 19.9
わからない・言えない 3.1
C) 自民党と公明党の与党が、改選議席の過半数を得たことはよかったと思いますか、思いませんか。
よかったと思う 48.2
よかったと思わない 44.1
わからない・どちらともいえない 7.7
D) 憲法改正に前向きな勢力が、参議院でも憲法改正発議に必要な3分の2を確保したことはよかったと思いますか、思いませんか。
よかったと思う 43.8
よかったと思わない 47.1
わからない・どちらともいえない 9.1
E) あなたは、今後、国会で憲法改正に向けた議論が活発化することを、期待しますか、しませんか。
期待する  65.3
期待しない 28.5
わからない・どちらともいえない 6.2
F) あなたは、投票に際し、政党や候補者の憲法改正に対する姿勢を考慮しましたか、しませんでしたか。
考慮した 55.2
考慮しなかった 35.9
わからない・どちらともいえない 8.9
G) 今回、隣り合う県を1つの選挙区にする合区が、「鳥取県と島根県」、「高知県と徳島県」で初めて行われました。あなたは、すべての都道府県から、少なくとも1人は参議院議員が選ばれるべきだと思いますか、思いませんか。
思う 69.2
思わない 24.3
わからない・どちらともいえない 6.5
H) 民進・共産・社民・生活の野党4党は、32の1人区すべてで統一候補を擁立し、11人が当選しました。あなたは、野党4党が、次の衆議院選挙でも共闘した方がよいと思いますか、思いませんか。
思う 50.8
思わない 35.6
わからない・どちらともいえない 13.6

(%)

Q5. あなたは、今後、安倍内閣が最も優先して取り組むべき政策課題は何だと思いますか。次の中から1つだけ選び、お知らせください。
景気や雇用など経済政策 26.9
医療・年金などの社会保障 28.2
子育て・少子化・待機児童対策 12.3
財政再建 6.1
格差是正 3.3
外交・安全保障 5.4
憲法改正 3.6
震災復興・防災対策 4.1
TPP(環太平洋経済連携協定) 1.3
原発・エネルギー政策 2.3
政治とカネ 3.1
その他 1.4
特にない 2.0

(%)

Q6. あなたは憲法改正に賛成ですか、反対ですか。
賛成 42.3
反対 41.7
わからない・どちらともいえない 16.0

(%)

Q7. Q6で、「賛成」と答えた人にうかがいます。あなたは、安倍政権のもとでの憲法改正に賛成ですか、反対ですか。
賛成 70.9
反対 19.9
わからない・どちらともいえない 9.2

(%)

Q8. Q6で、「反対」と答えた人にうかがいます。あなたは、戦争放棄と戦力を持たないことなどを定めた憲法9条を残す条件での憲法改正であれば、賛成ですか、反対ですか。
賛成 64.5
反対 24.5
わからない・どちらともいえない 11.0

(%)

Q9. イギリスは、国民投票でEU(ヨーロッパ連合)からの離脱を決めました。日本の憲法改正も国民投票で決まりますが、国政の重要課題を国民投票にかけるやり方に、あなたは賛成ですか、反対ですか。
賛成 65.5
反対 24.6
わからない・どちらともいえない 9.9

(%)

Q10. あなたは、今月(2016年7月)14日告示・31日投開票の東京都知事選挙に関心がありますか、ありませんか。
関心がある 76.4
関心がない 22.0
わからない・どちらともいえない 1.6

(%)

Q11. あなたは、衆議院の解散・総選挙の時期について、いつ頃が適切だと思いますか。次の中から1つだけ選び、お知らせください。
できるだけ早く 7.7
年内(2016年)に行う 15.5
来年(2017年)に行う 20.5
再来年(2018年)の任期満了近くまでやる必要はない 47.0
わからない・言えない 9.3

(%)

Q12. 消費税率の10%への引き上げが再延期されたことに関し、あなたは、安倍首相が期限を示した2019年10月の引き上げに賛成ですか、反対ですか。
賛成 53.6
反対 40.8
わからない・どちらともいえない 5.6

(%)

Q13. 南シナ海での中国の管轄権を否定した仲裁裁判所の判断に、中国は従わないと反発しました。あなたは、尖閣諸島のある東シナ海で、日本と中国との間で同じような事態になることを心配していますか、いませんか。
心配している 87.4
心配していない 8.9
わからない・どちらともいえない 3.7

(%)

Q14. アメリカ大統領選挙で、共和党の指名が確定したドナルド・トランプ氏と、民主党の指名が確定したヒラリー・クリントン氏とでは、日本によい影響を与える大統領として期待できるのはどちらだと思いますか。
ドナルド・トランプ氏 4.1
ヒラリー・クリントン氏 84.7
わからない・どちらともいえない 11.2

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース