福島・富岡町で7年ぶり稲刈り

10/09 16:17
2017年4月に、福島第1原発事故による避難指示が解除された福島・富岡町で、7年ぶりに稲刈りが行われた。
稲刈りを行ったのは、富岡町の渡辺 伸さん。
渡辺さんはこの春、町の大部分で避難指示が解除されたことを受けて、自宅前の田んぼ60アールで、7年ぶりに米の作付けを再開した。
9日は、コンバインを使って、福島県のオリジナル品種「天のつぶ」を収穫した。
台風の影響も心配されたが、稲が倒れる被害もなく、順調に生育したという。
収穫された米は、全て放射性物質検査を受け、基準値を下回れば、JAなどに販売される予定。
富岡町で2017年、米作りを再開した農家は、渡辺さんを含め、3軒のみとなっている。 (福島テレビ)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース