東照宮で年末恒例すす払い

12/20 16:26
栃木県の日光東照宮にある国宝の陽明(ようめい)門で、年末恒例のすす払いが行われた。
40年ぶりに行われた平成の大修理が、2017年3月に完了した陽明門で、修復後初めてとなるすす払いは、20日午前10時ごろから始まった。
神職やみこなど6人が、長さ5〜6メートルのいみたけを使って、1年分のほこりを丁寧に払った。
1日中見ても見飽きないことから「日暮らし門」とも呼ばれる陽明門は、元日にはライトアップされる予定。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース