親会社APAMANが謝罪 「心よりおわび」

12/18 11:45
北海道・札幌市の雑居ビルで、42人が重軽傷を負った爆発事故の続報。

不動産仲介業者の店長と従業員が、窓などを閉め切って、消臭スプレー缶およそ120本のガス抜きをしていたことがわかった。

一方、爆発事故のあった不動産店を運営する「アパマンショップリーシング北海道」の親会社「APAMAN」は、18日午前、被害者らに、「心よりおわび申し上げる」との謝罪コメントを発表した。

APAMANは爆発当時、店内にいた従業員から聞き取り調査した結果、消臭スプレー缶およそ120本の廃棄処理後、湯沸かし器をつけたところ、爆発が起きたとの報告を受けたことを明らかにした。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング