2018年の訪日外国人3,000万人突破へ 台風・地震で予定より遅く...

12/18 12:01
2018年の訪日外国人の数が、18日、3,000万人を突破する見通し。

石井国土交通相は、18日午前の記者会見で、年間の訪日外国人の数が18日、初めて3,000万人を突破する見通しだと発表した。

訪日外国人の数は、2003年は、およそ500万人だったが、2013年に1,000万人を超えると、急速に伸び続け、2017年は2,869万人にのぼった。

3,000万人突破は、2018年のもっと早い時期に達成するとみられていたが、関西国際空港を直撃した台風や、北海道での地震の影響により、訪日外国人の大部分を占めている中国と韓国からの旅行者が激減したため、達成が遅れた。

政府は、2020年に4,000万人突破を目指していて、今後は、欧米からの旅行者の掘り起こしなどがカギとなる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング