米軍がシリアから撤退開始 「イスラム国」“復活”に懸念も

12/20 06:22
アメリカのトランプ政権は、過激派組織「イスラム国」の掃討に成功したとして、シリアに駐留するアメリカ軍の撤退を始めたことを明らかにした。

トランプ大統領は19日、ツイッターに「われわれは、シリアで『イスラム国』を倒した。駐留の唯一の理由だった」と投稿し、撤退の意向を示した。

これを受け、ホワイトハウスの報道官は声明で、アメリカ軍がシリアから撤退を始めたことを明らかにした。

複数の主要メディアは、軍関係者の話として、「早期に完全撤退する見通しだ」などと伝える一方、完全撤退すれば、「イスラム国」が再び台頭するとの懸念を伝えている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング