今度はCAから「アルコール」 「飲酒はしていない」主張

12/20 17:32
今度は、客室乗務員に飲酒の疑いが発覚した。

日本航空は、機内で乗務中の客室乗務員から、基準値を超えるアルコールが検知されたと発表した。

基準値を超えるアルコールが検知されたのは、17日、成田発ホノルル行きの便で、ビジネスクラスを担当していた、46歳の女性乗務員。

ほかの乗務員から、「アルコール臭がする」との指摘があり、検査を実施したところ、基準値を超える、0.15mgのアルコールが検知されたという。

当該乗務員は、「飲酒はしていない」と話していて、日本航空は、当時の状況をくわしく調べるとしている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング