「大塚家具」中国企業と提携 経営再建を目指して...

12/21 18:37
経営再建中の大塚家具は、中国の家具販売大手と業務提携すると発表した。

大塚家具が業務提携する、中国の家具販売大手「居然之家(イージーホーム)」は、中国のネット通販大手・アリババグループと資本提携しており、売上高は、およそ1兆円にのぼる。

大塚家具は、純損益が3年連続赤字の見込みで、店舗の閉鎖や統合など、運営体制の見直しを進めている。

大塚家具は、今回の提携で、「居然之家」から中国市場の顧客基盤を獲得し、ネット通販も強化することで、経営の立て直しを図りたい考えで、今後、「居然之家」との資本提携についても検討していくという。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング