【速報】羽生敗れ、27年ぶり無冠へ 偉業ならず

12/21 19:19
通算100期目のタイトル獲得か、無冠になるか、注目を集めていた第31期竜王戦最終局で、羽生竜王は、挑戦者の広瀬八段に敗れ、無冠になった。

これまで3勝3敗で並び、20日から始まった最後の第7局がタイトルの行方を左右する、大一番になっていた。

中盤以降、不利に陥り、厳しい局面が続いていたが、羽生竜王が投了。

挑戦者の広瀬八段が、竜王位のタイトルを獲得した。

これで、羽生竜王は、実に27年ぶりに無冠となった。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング