韓国海軍がレーダー照射 海自P-1哨戒機に

12/21 21:08
日本海で警戒監視のために飛行していた海上自衛隊のP‐1哨戒機が、韓国海軍の艦艇から、射撃管制用のレーダー照射を受けていたことがわかった。

岩屋防衛相は、「火器管制レーダーの照射は、基本的に実際の火器の使用に先立って実施する行為。これを相手に照射することは、不測の事態を招きかねない。極めて危険な行為であると認識」と述べた。

防衛省によると、20日午後3時ごろ、日本海上空を海上自衛隊のP‐1哨戒機が警戒監視のために飛行していたところ、韓国海軍の駆逐艦から、火器管制レーダーの照射を受けた。

照射を受けた場所は、能登半島沖の日本のEEZ(排他的経済水域)の上空だった。

火器管制レーダーの照射は、射撃の前に行うもので、P‐1哨戒機は、安全のために回避行動をとらざるを得なかった。

その後、P‐1哨戒機が駆逐艦に対し、無線で呼びかけたものの、応答はなかった。

日本政府は21日午後、外交ルートを通じて、韓国政府に「極めて危険な行為で、再発防止を求める」と抗議した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング