韓国軍、自衛隊機にレーダー照射 「不測の事態招きかねない」

12/22 01:10
韓国軍の艦艇が、自衛隊機に射撃管制用のレーダーを照射したことがわかった。

20日午後3時ごろ、能登半島沖の日本海上空を警戒飛行していた海上自衛隊のP-1哨戒機が、韓国海軍の駆逐艦から、火器管制レーダーの照射を受けた。

照射を受けた場所は、日本のEEZ(排他的経済水域)の上空だった。

火器管制レーダーの照射は射撃に向けた行為で、哨戒機は回避行動をとり、その後、駆逐艦に対し、無線で呼びかけたものの、応答はなかった。

岩屋防衛相は21日夜、BSフジのプライムニュースで、「(照射は)不測の事態を招きかねず、非常に危険な行為と言わざるを得ない」と述べた。

そのうえで、「韓国には、きちんと説明してもらいたい」と述べ、再発防止を強く求める考えを示した。

レーダー照射について韓国国防省は、「通常の作戦活動でレーダーを運用したが、哨戒機を追跡する目的ではない」と説明している。

また、韓国メディアは、「遭難した北朝鮮船舶捜索のためで、哨戒機を狙ったわけではない」とする韓国国防省関係者の話を伝えている。

一方、自衛隊関係者は、「通常、船舶を捜索するのに火器管制レーダーは使用しない」と話している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング