日産の機密費から16億円流出 特別背任容疑のゴーン容疑者

12/22 17:43
日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者が、私的な投資で生じた損失を日産に負担させた疑いで再逮捕された事件で、日産の機密費から、ゴーン容疑者の知人に、資金が流出していたことがわかった。

22日午前9時ごろ、東京拘置所に、カルロス・ゴーン容疑者の弁護人が現れた。

保釈請求直前の再逮捕から一夜明けた22日、ゴーン容疑者らの弁護人が、あわただしく東京拘置所を出入りした。

クリスマスを東京拘置所で過ごすことが、ほぼ確実となったゴーン容疑者。

22日、新たに、日産の機密費から、ゴーン容疑者の知人に、資金が流出した疑いが浮上した。

機密費から流出した資金がおよそ16億円で、私的な投資で損失が生じた際に、保証に協力してくれたサウジアラビア人の知人の会社に、日産側から支払われていた。

ゴーン容疑者は、「知人には、業務委託として支払った」などと説明しているが、東京地検特捜部は、資金の流れの解明を進めている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング