あのバンクシー 話題の最新作 環境問題をチクリ?

12/22 17:58
素顔を明かさない、あの有名アーティストが、「シーズンズ・グリーティングス(季節のごあいさつ)」と題した、最新作を発表して、話題を呼んでいる。

両手をいっぱいに広げる少年。
舌を出して、空から降ってくる雪を、うれしそうに受け止めている。

ところが、この隣の壁を見てみると、空から降ってきたのは雪ではなく、焼却炉で燃やされた、ごみから舞い上がった「灰」であることがわかる。

これは、世界各地で風刺画をゲリラ的に描くことで知られる、正体不明のアーティスト、バンクシーの新しい作品。

作品が描かれた、イギリス・ウェールズ南部の町には、大きな鉄工所があり、大気汚染が深刻なことで知られていて、バンクシーの作品は、環境問題を提起したものとみられている。

現地では、作品を一目見ようと、連日、多くの人が訪れている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング