マサル・「災」・イニエスタ... そういえば今年こうだった

12/22 18:49
「紀州のドン・ファン」と呼ばれた男性の死や、イニエスタ選手のJリーグ入りで騒然となった5月。

一服の清涼剤となったのが、フィギュアスケートのザギトワ選手と、秋田犬のマサルちゃんだった。

この1年、さまざまな話題が、ニュースを彩ってきた。

そういえば「ことし」、こうだった!

日本代表候補選手が、ライバル選手のドリンクに薬物を混入するなどの出来事があった1月。

2月は、突然の眞子さまのご結婚延期発表。
銀座の名門公立小学校制服問題などがニュースに。

3月、4月、来賓が倒れた際の場内アナウンスをきっかけに、大相撲の女人禁制論争が勃発。

一方、海外からは事故の映像が。
ジョージアのスキー場で、リフトが高速で逆回転。
死者が出なかったのが奇跡と思える衝撃的な事故だった。

さらに、突然、代表監督を解任されたハリルホジッチ氏が来日。

内田嶺衣奈アナウンサーが質問したが...。

「(ボンジュール、ムッシュゥ)...」

そのあとの会見で注目されたのは、ハリル氏と苦楽を共にしてきた日本人通訳の姿だった。

5月と6月は、アメリカ大リーグ、マリナーズのイチロー選手が、まさかの会長特別補佐に転身。

千葉沖で相次いだ地震も不気味だった。

猛暑の夏には、「甲子園は秋に開催せよ!」や、「ドーム球場にすべき!」といった論争などのニュースのほか、7月末には熱海で、台風12号の高波がホテルのレストランのガラスを破壊。

さらに8月、スーパーボランティア・尾畠春夫さんに引き寄せられたのは...。
トンボすらもひきつける人間力だった。

9月、10月は、「計画運休」、「X JAPAN」の異例ライブなどの台風24号関連や、覆面芸術家・バンクシーが話題に。

11月以降は、「吹奏楽の甲子園」取り壊しなどが注目されたが、なんといっても、平成最後の園遊会。

降りしきる冷たい雨の中、お二人で、1つの傘に入られた陛下の右肩が...。
皇后さまがぬれないようにとの優しさが垣間見えた。

そういえばことし、こうだった。
2019年は、どんな1年になるのか。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング