平成最後...陛下、85歳の誕生日 一般参賀に8万3,000人 過去最多

12/24 00:51
2019年4月に退位を控えた、天皇陛下の85歳の誕生日を祝う一般参賀が、皇居で行われ、過去最多のおよそ8万3,000人が訪れた。

天皇陛下
「誕生日にあたり、大勢の皆さんから、このように祝意を受けることを誠にうれしく思います」

「明けてくる年が、皆さんにとり、明るい、よい年となるよう願っています」

2019年4月末に退位を控え、天皇として最後の誕生日を迎えられた陛下は、午前中3回、宮殿のベランダに立ち、ご家族と並んで、穏やかな笑顔であいさつをされた。

23日、お祝いのために皇居を訪れた人は、誕生日の一般参賀が今の形式となってからは、昭和天皇の時代も含めて、過去最多のおよそ8万3,000人にのぼった。

皇居を訪れた人
「映像では伝わらないすごさがあって、圧倒された」

「(皇后さまに)苦労かけたんじゃないかとか、いろんな思いがあったのかなと」

また、宮殿では、安倍首相ら各界の代表者を招き、祝賀行事が行われたほか、夕方には、皇太子ご夫妻の長女・愛子さまや、秋篠宮ご夫妻の長男・悠仁さまも皇居を訪れ、お祝いのあいさつをされた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング