噴火による津波警報が発令されず インドネシア津波で死者281人、不明57人

12/24 11:39
インドネシアで起きた津波による死者は、281人にのぼった。

現地当局は、噴火によって引き起こされる、津波の警報を出すシステムが整備されていないことを明らかにした。

インドネシア当局によると、スマトラ島とジャワ島の間のスンダ海峡で、22日夜に発生した津波によって、これまでに281人の死亡が確認されたほか、57人が行方不明になっている。

津波の前に地震は起きていないことから、現地当局は、火山の噴火による地滑りが津波の原因だったとしている。

当局は、現地には噴火による津波の警報を出すシステムは整備されていないことを明らかにしており、警報が発令されず、避難する時間がなかったことが、被害を拡大させたとみられている。

インドネシアのジョコ大統領は、23日、犠牲者への深い悲しみを表したうえで、全ての津波警報システムを確認するよう指示した。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング