雪に「あられ」 クリスマス寒波 年末年始は要注意!

12/24 19:23
24日は、北日本を中心に荒れた天気となった。
年末にかけては、さらに強い寒波が列島に押し寄せる見通しで、年末のイベントや帰省に影響するおそれが出ている。

クリスマス寒波によって24日朝、新潟市では、歩道を激しくたたくように、あられが降った。

散歩中のワンちゃんも、思わず足を止めて、こちらをチラリ。

北陸から北の日本海側では、断続的に雪が降るなど、日本付近は一時的に冬型の気圧配置となり、寒さが身に染みる1日となった。

東京都心では、午前11時すぎに最大瞬間風速16.9メートルを観測。

冷たい北風で体感温度がぐっと下がり、強風に四苦八苦する人や、必死にベビーカーを押さえる家族の姿が。

そんな年の瀬の列島に、さらに迫りつつあるのが、数年に一度レベルの強力な寒気。

酒井千佳気象予報士は、「寒波は、27日から日本列島に入ってきそうで、(寒波の)ピークは28日、その後も年始にかけて影響が大きく残りそうです。上空5,500メートル付近で、氷点下30度以下の寒気、これが大雪の目安になるんですが、これが新潟より北側に入ってきそうです。北日本には、より強い寒気が入ってきて、北海道の一部では、氷点下45度という寒気が入ってきます。これは数年に一度レベルの寒気になります」と話した。

寒かった24日と、寒波のピークとなる28日の等圧線を比較する。
等圧線は、幅が狭くなればなるほど風が強くなるのが特徴。

24日は、等圧線の狭くなっている部分が北日本中心だったが、28日は狭くなる範囲が西日本、東日本にも広がり、風が吹き荒れる大荒れの天気になる予想。

帰省や旅行など、正月休みで遠出をする人たちに影響を及ぼすおそれがある。

香川へ帰省する人は、「橋渡るんで、ちょっとわかんない。無事帰れるかどうか不安」と話した。

青森・八戸市へ帰省する人は、「新幹線止まっちゃいますかね。どうやって帰ろうかって感じです」と話した。

帰省ラッシュを直撃するおそれのある、最強クラスの年越し寒波。

今から7年前の年の瀬、強い寒気により、各地で記録的な雪となり、東海道新幹線は雪の影響で停電が発生し、ストップ。

帰省客など、およそ16万人に影響が出た。

酒井千佳気象予報士は、「寒気は、年始まで続くので、年始のUターンラッシュにも影響が出てくる可能性があります」と話した。

最新の予報では、28日、札幌では最高気温が氷点下4度までしか上がらず、仙台でも雪の予報。

関東から西でも、最高気温は6度から7度くらいの予想。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング