国の障害者雇用率1.22% 達成は8機関のみ

12/25 13:09
国の障害者の雇用率は1.22%で、法定雇用率のおよそ半分にとどまってることがわかった。

厚生労働省によると、6月1日現在、行政・立法・司法の43機関の障害者雇用率の平均は、1.22%で、法定雇用率2.5%のおよそ半分にとどまった。

また、法定雇用率を達成していたのは、43機関のうち、わずか8の機関だった。

中央省庁などの行政機関では、およそ3,870人の障害者の職員が不足している状況で、国は、2019年の1年間で、およそ4,000人の採用を見込んでいる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング