東・西日本は“暖冬傾向” 気象庁が3カ月予報

12/25 18:03
気象庁が、2019年1月からの3カ月予報を発表し、暖冬となる見通し。

気象庁の2019年1月から3月までの3カ月予報によると、北日本を除いて、寒気の影響を受けにくく、暖冬傾向の見通し。

一方、これから年末にかけては、冬型の気圧配置が強まり、北日本から東日本の日本海側と、東海地方から西日本の太平洋側でも、山沿いを中心に大雪となる予報で、気象庁は、警戒を呼びかけている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング