【速報】商業捕鯨、2019年7月再開へ IWC脱退を表明

12/26 12:18
日本の商業捕鯨が、いよいよ2019年7月から再開されることになる。
政府は26日午前、IWC(国際捕鯨委員会)からの脱退を正式に表明した。

菅官房長官は、「2019年7月から商業捕鯨を再開することとし、国際捕鯨取締条約から脱退することを決定した」と述べた。

IWCからの脱退は、25日の閣議で決定され、日本を支持する国々への説明を経たあと、26日午前、菅官房長官が正式に表明した。

さらに政府は、「クジラ類の中には、十分な資源量が確認されているものもある」と指摘し、脱退の理由として、「捕鯨産業の秩序ある発展が顧みられず、異なる意見や立場が共存する可能性すらない」とする官房長官談話も発表した。

政府は、これまで停止されていた商業捕鯨を、脱退の効力が発生する2019年7月から、日本近海に限定して再開することにしている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング