日本IWC脱退表明に 豪政府「極めて失望」

12/26 20:44
政府は、26日、IWC(国際捕鯨委員会)から脱退し、2019年7月から、30年ぶりに商業捕鯨を再開する方針を表明した。

日本のIWCからの脱退表明を受け、反捕鯨国からは批判の声が上がっている。

オーストラリアのマリス・ペイン外相は、午後、声明を出し、「日本がIWCを脱退し、商業捕鯨を再開することに、オーストラリア政府は極めて失望した」としたうえで、復帰を強く求めた。

また、日本の調査捕鯨を妨害してきた反捕鯨団体「シー・シェパード」のオーストラリア支部は、ツイッターで「国際社会の激しい批判にさらされる行動に出た」と非難している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング