東京五輪・パラのボランティア応募 “ブラック批判”よそに18万人超

12/27 06:32
2020年東京オリンピック・パラリンピックの大会ボランティアに、18万人を超える人たちが応募した。

組織委員会は、先週で募集を締め切った大会ボランティアについて、18万6,101人の応募があったと発表した。

募集開始前には、活動条件が厳しいなどの声が上がっていたが、募集人数の8万人を大きく上回り、2019年2月からは面談が始まる。

外国籍の応募者がおよそ4割と過去の大会に比べて多く、組織委員会は、実際に参加できるかどうか慎重にマッチングを進めたいとしている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング