エスパー伊東さん、自宅で闘病中 病状に不安の声も

12/27 18:58
「話題.com」。

1人で歩くことも困難で、休業宣言をした、お笑い芸人のエスパー伊東さん(58)。
自宅では、厳しい闘病生活がうかがえた。

椅子に座ったまま、自宅で取材に応じた、お笑い芸人のエスパー伊東さん。

片づけが思うようにできないため、部屋は散らかったまま。

22日に、ブログで芸能界引退を発表。

緊急会見を開いたが、引退ではなく、休業であることを強調。

しかし、会見でのエスパーさんの様子が、以前とは別人のようだったことから、体調を心配する声が相次いでいた。

2018年、芸能生活30周年を迎えたエスパーさんは、体を張った瞬間芸で、数多くのテレビ番組に出演。

さらに、結婚式の余興芸人としても、引っ張りだこに。

一時は、年収2,000万円だったこともある、エスパーさん。

ところが、緊急会見で発表されたのは、右変形性股関節症。

股関節の骨と骨の隙間にある軟骨がすり減り、痛みが出るという病気。

一般的に、この病気の場合は、人工関節に置き換える手術が必要だという。

これまでにも、空き巣に入られた時や、女性に告白した際にも、スタッフを自宅に招き入れてくれたエスパーさん。

今回も、自宅での取材に応じてくれた。

エスパー伊東さん
「勝手にひっくり返るのが自分として悔しい。(ひっくり返る?)頭打っちゃうんです。カーテン閉めようとして、そのまま倒れちゃうんです」

「(買い物は?)ビトさんがいないと、わたし自力で行くので、ちょっとした冒険ですよね。コンビニ行くだけでも」

事務所代表・ビトタケシさん(55)
「コンビニ行くのも、タクシー呼んでますから」

休養のため、近く実家に戻るというエスパーさん。

しかし、体の自由が利かない中での作業のため、引っ越し用の段ボールは破れ、靴もつま先がすり減っていた。

ネットからは「違う病気では? 唇もゆがんで、言葉もたどたどしい」、「脳の病気という可能性は?」などといった声も。

このネット上の声に、エスパーさんは。

エスパー伊東さん
「(CT検査も受けた?)1日かけて、全部受けました。表面上は何の問題もないです」

今は、手術に向け、貯金中だというエスパーさん。
舞台への復帰を目指している。

エスパー伊東さん
「必ず、手術を終えて復帰しますので、皆さん、ご期待ください」

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング