TPP“米国抜きで”発効 牛肉関税引き下げなど

12/30 13:05
アメリカの離脱後に、日本など11カ国で合意したTPP(環太平洋経済連携協定)が30日、発効した。

TPPは、関税の撤廃・引き下げや、サービス・投資の自由化を域内で進める協定。

アメリカが離脱したあと、11カ国により署名が行われ、国内手続きを終えた日本など6カ国で先行して30日、発効した。

日本に輸入される牛肉は、38.5%だった関税が段階的に引き下げられ、発効から16年目に9%になるほか、豚肉は、価格の高い肉にかけられていた4.3%の関税が、10年目に撤廃される。

参加11カ国は、閣僚級の「TPP委員会」の初会合を1月19日に東京都内で開き、協定の運用や新規参加を希望する国の扱いについて議論する。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング