世田谷一家殺害から18年 母・節子さんも情報呼びかけ

12/30 18:07
東京・世田谷区で一家4人が殺害された事件から、30日で18年となり、遺族が墓参りをして、事件解決への思いを語った。

宮沢節子さん(87)は、「(犯人は)18年も自由に生活できているのでしょうから、そろそろ年貢の納め時ではないですけれども、自首してほしいと思います」と話した。

2000年12月30日に、世田谷区上祖師谷の住宅で、会社員の宮沢みきおさん(当時44)、妻の泰子さん(当時41)、長女のにいなちゃん(当時8)、長男の礼くん(当時6)の一家4人が殺害された事件は、30日で発生から18年となる。

みきおさんの母親・節子さんは、事件が未解決の中、毎年墓参りを続けていて、命日の30日、埼玉・新座市にある霊園を訪れて、墓前に手を合わせ、「事件がなぜ起きたのか知りたいです」と胸中を語った。

また午後には、事件現場近くの京王線・千歳烏山駅で、支援者や地元住民らとともに、事件に結びつく情報の提供を呼びかけた。

警視庁は、当時の現場周辺を再現した3D映像を公開するなどして、情報提供を呼びかけている。

情報提供は、「成城署特別捜査本部(03-3482-3829)」まで。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング