たこ揚げに書き初め... 平成最後 各地の表情は

01/02 16:38
新年の恒例行事が、各地で行われた。

空高く舞い上がる、100連凧(だこ)。

北海道・札幌市で行われた新春恒例の凧揚げ行事では、2019年のえととなるイノシシをモチーフにした凧が1枚1枚、糸に通され、長さおよそ100メートルの連凧になった。

「いの丸君」と名づけられたこの凧は、「景気も上がれ」の願いを込めて上げられた。

また、佐賀県の佐賀城本丸歴史館では、書初めが行われ、子どもたちが、真剣な眼差しで書をしたためた。

一方、新潟県では、センター試験を間近に控えた高校生が、正月返上で勉強合宿に臨んだ。

さらに鳥取県では、初競りで過去最高の200万円の値がつき、「最も高価なカニ」として世界ギネス記録に認定された松葉がにが展示され、大勢の人でにぎわった。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング