震度6弱 被害状況は 一部住民が避難所に

01/04 01:28
3日午後6時10分ごろ、熊本地方を震源とする震度6弱の地震がありました。

震度6弱を観測した、熊本・和水町から中継です。

震度6弱を観測した熊本・和水町役場。
この役場の庁舎の2階に災害対策本部が設置され、3日夜も、20人の職員が泊まり込みで、引き続き情報収集にあたるほか、避難所の運営にもあたることにしている。

この役場の建物の裏手にある公民館をはじめ、3日夜は、町内で40人の住民の人々が一夜を明かすことにしている。

皆さんの記憶の中にあるのは3年前の熊本地震で、28時間後に再び、同じ強さの揺れがやってきたという恐怖がまざまざとよみがえった、と話す人々が多くいる。

また、4日午前0時50分現在、災害対策本部に入っている被害の概要だが、学校など、公共施設の一部の窓が割れている被害、住宅街のブロック塀が一部倒壊したという情報は入ってきているが、これまでのところ、人的な被害の情報は入ってきていない。

町役場では、4日午前7時すぎから、応援の職員などをまた被災地に派遣して、新たな被害などがないかどうか、情報の収集を進めることにしている。

(テレビ熊本) (テレビ熊本)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング