宮司たちが赤城山に向かって矢 新春恒例「武射祭」

01/04 12:42
栃木・日光市の日光二荒山神社で、宮司たちが赤城山に向かって矢を放つ、新春恒例の神事が行われた。

室町時代から続く伝統行事の「武射祭」は、男体山の神である大蛇が、赤城山の神の化身の大ムカデと戦った際、弓の名人が大蛇に加勢して勝利したという伝説に由来している。

放たれた矢を拾い、神社でお守りをつけてもらうと、1年間良いことがあるといわれている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング