【速報】日経平均、一時700円超上昇 2万円台回復

01/07 11:42
2019年、大幅な株価下落で始まった東京株式市場だが、7日は一転した。日経平均株価は、一時700円以上値上がりした。

ある市場関係者は、「土日を挟んで、空気感ががらりと変わった」と話していて、週明けの東京市場は、買い注文が広がっている。

これは、4日のニューヨーク市場の株高の流れを受けたもの。

アメリカのFRB(連邦準備制度理事会)のパウエル議長が、利上げをいったん停止する姿勢を示したことで、アメリカ経済の先行きに対する投資家心理が改善した。

東京市場でも、幅広い銘柄に買いが広がり、7日からの米中貿易協議で、貿易摩擦が和らぐことへの期待もあって、平均株価は、一時700円以上値上がりし、2万円台を回復している。

7日の午前の終値は、4日に比べ、551円41銭高い、2万0,113円37銭、TOPIX(東証株価指数)は、1,512.87だった。

大幅上昇したとはいえ、東京市場の株価は乱高下を繰り返していて、この先もアメリカ市場の動向に翻弄(ほんろう)される展開が続くとみられる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング