合意に向け進展あるか不透明 米中次官級貿易協議スタート

01/07 21:56
アメリカと中国による次官級の貿易協議が、7日から北京で始まった。

国内経済の先行きに不安が高まっている両国が、どこまで歩み寄りを見せるかが焦点。

協議は、7日から2日間の日程で行われ、アメリカからは、通商代表部のゲリッシュ次席代表らが出席している。

協議では、アメリカの対中貿易赤字の削減や、中国による外国企業の知的財産権の侵害などが主なテーマとなる。

中国外務省・陸慷報道官は「中国は相互尊重とお互いが平等という立場のもとで、アメリカとの貿易摩擦を解決していく誠意がある」と述べた。

米中は、2018年12月に行われた首脳会談で、3月1日を期限として、中国の構造改革策をまとめることで合意している。

中国は歩み寄りの姿勢を見せているが、抜本的な構造改革を求めるトランプ政権との溝は依然大きく、今回の協議で合意に向けた進展が見られるかは不透明。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング