菅官房長官「事実と違うこと多い」 レーダー照射 韓国側動画

01/08 06:21
菅官房長官は7日夜、BSフジの「プライムニュース」に出演し、レーダー照射問題で韓国側が公開した動画について「事実と違うことが多い」と述べた。

菅官房長官は「今回、韓国側はまた動画を出しましたけども、事実と違うことが多いということで、そういうことを、やはり韓国側にしっかり申し上げていきたい」と述べた。

菅長官は、自民党内から当時の電波記録を証拠として提示すべきだとする意見が出ていることについては、「1つの考え方だ」と述べた。

そのうえで「事実関係は1つしかない」と指摘し、今後、防衛当局間で日本側の一貫した立場を訴えていく考えを強調した。

一方、太平洋戦争中の朝鮮半島出身労働者の原告団が、日本企業の資産の差し押さえを申請したことを受けて、菅長官は「関係閣僚で連携を取り、韓国の出方を見ながら具体的に検討している」と述べ、対抗措置の本格的な検討に入ったことを明らかにした。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング