カルロス・ゴーン容疑者、意見陳述で「わたしは無実」

01/08 11:59
カルロス・ゴーン容疑者の法廷での発言について、新しい情報が入ってきた。

ゴーン容疑者の意見陳述は8日午前に終わり、現在は、弁護側が反論の意見を述べている。

意見陳述で、ゴーン容疑者は「わたしは無実です。常に誠実に行動してきました。わたしは何の確証も根拠もなく容疑をかけられ、不当に勾留されています」と、無罪を主張した。

また、過少記載の罪を問われた退任後の報酬については、「金商法違反の意図はなかった」と述べたうえで、「フォードなどの会社からトップとしてのオファーがあり、自分の市場価値を記録していた。法的効力はなかった」と説明した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング