日本企業の資産差し押さえ決定 “徴用工”韓国裁判所

01/08 19:05
いわゆる韓国人の「元徴用工」による裁判で、新日鉄住金への賠償命令が確定し、原告側が新日鉄住金の資産の差し押さえを申請した問題で、韓国の裁判所は8日午後、この申請を認めた。

原告側代理人によると、差し押さえられるのは、新日鉄住金と韓国の大手鉄鋼会社ポスコの合弁会社の株式で、関係文書が合弁会社に届き次第、株の売買や譲渡ができなくなる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング