金正恩氏“経済開発”視察か 北京2日目

01/09 12:09
4回目となる中国訪問中の北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長は、9日朝、郊外の経済開発区を視察したもよう。

金委員長を乗せたとみられる車は、日本時間午前10時前に、宿泊先の釣魚台迎賓館を出発し、ハイテク企業などが入る北京市郊外の経済開発区に向かった。

開発区周辺は、大規模な交通規制が敷かれており、関係者以外は立ち入り禁止となっている。

金委員長は、元旦の「新年の辞」でも、経済重視路線を強調していて、中国式の開発モデルを視察したとみられる。

金委員長は8日夜、人民大会堂におよそ6時間にわたって滞在し、習近平国家主席との首脳会談や晩さん会に臨んだもよう。

中国共産党関係者によると、今回の訪中の目的は、2度目の米朝首脳会談についての意見交換と、化学肥料などに関する援助要請だとしている。

また、中国共産党系の環球時報は、社説で「中国の支持がなければ、平和的な非核化プロセスの推進は、ほぼ不可能だ。アメリカが払うべき責任やコストを負担するのは当然だ」などとして、中国の役割を強調している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング