イニエスタ、黒塗り仮装「謝罪」 SNS写真に批判

01/09 19:20
「気分を害した人たちに謝罪します」。
代理人を通じて謝罪したのは、Jリーグのヴィッセル神戸に所属する、アンドレス・イニエスタ選手。

イニエスタ選手といえば、華麗なドリブルや変幻自在のパスでファンを魅了する、超一流の選手。

いったい、なぜ謝罪することになったのか。

これまで、スペインの強豪バルセロナや、スペイン代表で中心選手として活躍してきたイニエスタ選手。

そして2018年、Jリーグ、ヴィッセル神戸への入団を発表した。

空港には、大勢のファンが押しかけるなど、スタープレーヤーの入団を大歓迎。

イニエスタ選手も入団後、自身のSNSに日本での生活を楽しむ様子をたびたび投稿し、話題になっていた。

問題視されたのは、そのSNSへ3日前に投稿された写真だった。
笑顔のイニエスタ選手を囲むように、家族と仮装した人たちの姿が写っている。

注目されたのは、仮装している2人の人物の顔が、黒塗りだったことだった。

この黒塗りの仮装が、“黒人差別を助長する”などとして、批判を浴びた。

イニエスタ選手は、8日までに代理人を通じて、謝罪のコメントを出し、「キリスト教の古い習わしを行ったもの」と釈明。

実は、スペインやオランダでは、黒い顔に仮装して祝うキリスト教の行事が行われていて、イニエスタ選手は、「この文化を世界に伝えたいという意図があった」としている。

(関西テレビ)

(写真: AFP=時事) (関西テレビ)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング